オークションではなくネットショップを開業する

ネット副業なのですから、まずはネットショップをオープンしてみてはどうかと思います。オークション形式でもいいのかもしれませんが、こちらは売れるまでに時間がかかるのが欠点かもしれません。どうしてかと言うと皆1円でも安く落札したいと思っていますから。すぐには購入してくれないんですね。値下げする可能性もある訳ですからそれを窺っているという訳です。一方ネットショップですとこちら側の設定した金額で売れる訳ですから、そのような駆け引きが出る幕はありません。

検索して見つけてもらうまでは大変かもしれませんが、一度その段階にまで持ってくることができれば後は楽ができると思います。ここは割と安く買える店というのが定着すると常連客が自然と発生するんですね。売れることが確定しますと後はどう仕入れをするかという話になるわけです。仕入れ先に関しましても、今は便利なものでしてネットでというのが大半ではないでしょうか。ネット副業というのは買う時も売る時もネットを使いますから非常に効率がいいですね。

これをやる時に一番問題となるであろう事がサイトの開設ではないかと思います。専門的な知識がなければできないという気がするかもしれませんが、そういう時は業者にお任せしてしまうのが1番楽ではないかと思います。自分でも作れないことはないですけども、時間がかかりますし、セキュリティー上の問題でいろいろ大変だったりするのです。ならば思い切ってすべてお任せしてしまおうということなんですね。

ネット副業で物を売るなどと言うと、どこか他人ごとのように感じられるかもしれません。しかし、それですといつまで経っても副収入を得ることができません。階段を上るかのように段階を経てオープンまで頑張ってみてください。そうすれば今までしてきた努力が報われる事でしょう。一度経営が波に乗れば後は楽なものでして、事業をいかに拡大するかという部分に焦点が移ってくると思います。


税金の関係で限られる仕事以外での副業

給料も増えず生活が苦しくなるばかりです。そのため欲しいものがあっても買うことすらできず、必要最低限度の必要品すらケチらなければならない状況です。どうしたら、少しでも豊かな生活が出来るのだろうと考えることがあります。何かいい手が無いかなと考えた時に、まずギャンブルと言うものを考えましたがこれはリスクが高いうえに損する恐れがあるため、私はやりたくないと考えています。では、何か別の仕事をすればと思うのですが、昨今の不況の中よい仕事にたどり着くのも難しそうなのでこれも検討していません。

同じ、仕事でもサラリーマンの副業が出来ないかと考えたことがあります。副業と言っても様々です。アルバイトをすると、誰かに気づかれ職場で副業をしていることを知られると懲戒処分の対象になるため出来ません。公務員であればなおさらです。サラリーマンの副業で何か出来ることと言えば、例えば物をインターネットオークションなどで売ってその利益で稼ぐというのもあります。ですが、こういった副業に関してもあまりに稼ぐと住民税などの税金でばれる恐れもあります。サラリーマンの副業をするにあたって注意しなければならないのが、年末調整の際住民税が高いと会社側から副業を疑われます。

収入が多い人ほど住民税がかかるためです。また、特別徴収税通知書というものも来ますので、そこでその他の所得に該当するものがあればそこでも何か所得があるのかと疑われます。この場合もどのような手段で副収入を得ていたのかを説明できなければ、すぐに発覚してしまいます。なお、サラリーマンの副業による収入が年間で20万円を越えていなければ確定申告の必要はありません。なので、年間20万円ぎりぎりのところまでで副業をするというのが良いと思います。

サラリーマンの副業を禁止するのは、会社側が副業をすることにより社内の業務がおろそかになるからということで禁止していますが、私は改めるべきではないかなと思います。国もNISAの非課税枠を増やすなどのことをせず、リスクの少ない副業を認めてもいいようにと企業に働きかけるべきだと思います。


パソコンとインターネットがあれができる主婦の副業

インターネットが普及してほとんど家庭でパソコンとインターネット接続環境ができました。パソコンの性能はどんどん上がりましたが、価格は下がるばかりでパソコンが高価なものと言うことはなくなり、今では家電品の一角といってもいいでしょう。
そして、主婦の副業という意味においてはインターネットとパソコンの普及は革命的な進歩をもたらしたといえます。家から長時間外出することのできない主婦にとってはお金を稼ぐことは簡単ではありませんでしたが、今ではパソコンを開けば主婦の副業はたくさん見つけることが可能となっています。

パソコンがあればできる主婦の副業として人気があるのはポイントサイトとクラウドソーシングとなります。

ポイントサイトは訪問するだけ、メールを見るだけ、クリックするだけ、ゲームをするだけという簡単な作業でポイントと言う名のお金を稼ぐことができます。ポイントサイトに登録するだけですぐにできますし、慣れてくればそれなりの稼ぎにはなります。そして、なるべくたくさんのポイントサイトに登録することによってスケールメリットも享受できることになりますが、ポイントの単価はあまり高くなく、たくさん稼ぐためには時間が必要か別にスキルが必要になってきます。お小遣い程度の副業で十分という人にお勧めできます。

もう一つのクラウドソーシングはこれから主婦の副業としてはかなり有望であると考えられます。スキルがあまりなくてもできる仕事もありますが、ちょっとしたスキルを身に付ければ稼げるお金も格段に上がってきますし、スキルをつけるには勉強するというよりも経験を積むということでかなり解消できるので、稼ぎながら徐々にスキルをつけていくこともできます。そして、まとまった仕事ができないような主婦にとって空いた時間をかなり有効に活用できるという面においてはクラウドソーシングはうってつけといってもいいでしょう。業界自体の成長性もあるので仕事はいくらでもできてきます。”


サラリーマンの副業をいくつか空いた時間に

私は長年サラリーマンを勤めています。かれこれ20年ほど経過しましたが、特に仕事に対して不満というものもなく、どちらかというと楽に仕事をさせていただいている方だと思っています。私がサラリーマンの副業をやるようになったのには理由があり、いつか家を購入したいと思うようになってからでした。そこでサラリーマンをしている私でも普段からできることは何かないだろうかと考えるようになり、まず私が動ける範囲のことを考えることから始めました。

そこで私が動ける時間帯とはどこか?まず早朝があります。続いて休日、そして帰宅してからの時間帯なども考えられます。色々と考えてたら、近所に駐車場を管理している知り合いが居て、彼はそこの持ち主でもありました。たまたま話を聞いているとどうも朝早くからお金を管理することが大変で仕方ないとのことでした。そこで私に代わりにやってくれないかと冗談交じりで言われたんです。

私も冗談半分でいいですよと言ったら、それがいつの間にか本当にすることになってたんです。それからは仕事に出掛ける前に月に一度の駐車場の管理をすることになりましたが、これで2万円のお小遣いにすることができています。私にとってサラリーマンの副業となっていますが、これ以外にも休日には畑の手伝いなどもするようになりました。いづれも身体に負担がかかりそうなことですが、案外身体を動かすことも少ない職業柄、楽しんでお金稼ぎをすることができています。

もちろんサラリーマンとしての仕事も問題なくやれていますが、最近ではこう思うようにもなりました。もしこういった副業がたくさんできたなら、もしそれで生計を建てられたらどうなるんだろうか?もしそれができればメインであるサラリーマンは別にしなくてもいいんじゃないのだろうかと思うようになっています。サラリーマンの副業をしながらサラリーマンを辞める方向で今は副業をたくさん探してするようになっている私です。


パソコン教室の講師を副業でやってみる

時代はパソコンからスマートフォンへという感じでしょうか、しかしやはり仕事で使われる事が多いのはパソコンです。多分、この先も変わらないのではないでしょうか。街を歩いてもパソコン教室を見かける事は多いですよね。それだけ知識を習得したいという人達が多いのでしょう。

サラリーマンの方もPCに関してはある程度知っているかと思います。そこで、その技術を利用してサラリーマンの副業でパソコン教室でアルバイトをしてみましょう。自分が使う時と人に教える時というのでは、かなりの違いがありますけど、基本的な操作方法は熟知しているはずですから、教える事も簡単にできると思います。

こういう教室は大抵駅前の近くにありますから、会社から帰る時に丁度寄りやすいんですよね。帰宅する途中に2時間くらいこちらで講師をやるというのも良いでしょう。一人暮らしなのであれば、もう少し時間を長くしても良いかもしれませんね。

利用する人達の年齢層に関してなのですが、やはり高齢者の方が多いです。普段パソコンに接する機会が殆ど無いですから仕方がないでしょう。当然ながら知識に関してもほぼない状態だったりしますので、それを前提として話をしなければいけません。こんなの当たり前の事ですよという感覚ではいけません。相手は何も知らないという事を意識して行動する様にしてください。

バイト代は普通くらいですね。特別高いという事はありません。でも、サラリーマンの副業というのはお金だけが目的ではありません。分かった!と気付いてくれた瞬間の人達を見るのが嬉しい事なんですよね。お金は並みですが、やりがいは普通の仕事の何倍もあると言えるでしょう。

パソコン操作に慣れているサラリーマンの副業として、これは最適ですよね。ただし知っているだけでは駄目でして、それを相手に上手く伝える様な工夫が必要となります。ここで上手くやれれば、会社の方のお仕事にもいい影響が出るかもしれません。


年俸制サラリーマンが副業を始めました。

私は不動産業で働いていますが給料は年俸制なので残業代もなければボーナスもありません。その分多少は給料が高めに設定されていますが、月々のプラスアルファがないので生活は大変です。生活が少しでも楽になることを期待してサラリーマンの副業を始めました。毎月少しでも臨時収入があれば助かりますからね。

年俸制になる前はお金を稼ぎたいと思ったら残業を多めにしたり休日出勤をすることも可能でした。しかし今は全くお金にならないので残業も休日出勤も積極的にはしたくありません。私はその時間を活用してサラリーマンの副業をしています。世間一般的に残業代は時給にすると2000円近いでしょうか。サラリーマンの副業でそこまで稼ぐのは大変ですが、一般の方より月給は多いのでそこまで稼ごうとは思っていません。

それに会社の残業と自宅で行う仕事では精神的な負担が違いすぎます。自宅で行う仕事のみで生活するのであればお金に拘らなけらばなりませんが生活の足しとして行うのであればそれほど気にする必要はありません。今までずっとサラリーマンとして働いていたせいもありますが、副業はどの仕事も新鮮に感じて楽しくお金を稼ぐことができています。楽しいと思える要因の一つに自分が想像していたより稼ぐことができているからだと思います。

年俸制で辛いのは残業代がないのはまだしもボーナス時期です。皆はボーナスで浮かれているのに自分は普段と変わらぬ生活です。年俸制は月給にボーナス分も含まれているのでその分をよけておけば良いのですが現実として貰ったお金はすぐ使ってしまいます。皆がボーナスを貰う時期に寂しくないように副業で稼いだお金をボーナス分として使うことにしています。ボーナスは年に2回なので半年頑張った分が私のボーナスとなります。現状では月に3万程度の収入なので半年で18万円くらいにしかなりませんが、これから頑張って金額を増やしていきたいです。私にとってサラリーマンの副業とはボーナスのようなものなのです。


副業するなら所得税に気を付けよう

政府は給与を増やすなんて言っていますが、不景気なこのご時世においては難しいことです。私の勤めている会社では、そのような気配は全くありません。サラリーマンの副業は現代においては欠かせない存在なのかもしれません。ちょっとでも貯めて、家計の、そして自分の懐の足しにしたいところです。

ただ、サラリーマンの副業の場合、ちょっと注意しなければならないことがあります。それは税金の問題です。サラリーマンは会社から給料をもらっています。その金額は税金を引いた金額です。会社が天引きしているのです。その天引きされた金額は、会社が国に支払ってくれます。自分で支払うことがないのです。しかし、副業をすると、自分で支払わなくてはならなくなることがあります。

自分で税金を支払う必要が出てくるのは20万円以上稼いだ場合です。その説明の前に、所得税について少し見ていきましょう。所得税は所得に対して課税します。その所得は10種類に分けられます。給料については、給与所得というものに該当します。これ以外の所得が発生した場合、所得を合算して所得税が計算されるという形になっています。他の所得については、会社は関知していません。と言うことで、他で稼いだ場合、自分で所得税の申告をしなければならなくなります。

こんなことを聞くと、面倒になって副業なんてしたくなくなるかもしれません。しかし、実際の所は、一定額までは所得に合算しなくても良くなっています。それが20万円です。20万円までは、稼いだとしても給与所得と合算する必要がなく、国に申告しなくても良いのです。

所得なんてちょっとしたことで稼いでしまいます。ちょっとしたことにも申告を求めるとなると、国民は気になって仕方なくなりますし、国も調べるので大変です。ということで、自分が稼いだと認識できるであろう金額として20万円が設定されているのです。サラリーマンの副業は20万円で抑えるように注意しましょう。それ以上稼ぐのであれば、税金に関することを学ばなければならないと思っておいて下さい。


働きながら就寝前に出来るサラリーマンの副業

サラリーマンの方も仕事が一段落すると副業を始めようと思う方が増えてくるようですが、中には家計を助けるためなど非常に熱心な思いで始める方も多くいらっしゃいます。しかし、サラリーマンという仕事は朝早くから夕方や時には夜まで働かざるを得ず、帰宅後も家族との食事や身の回りの整理などで忙殺されてしまいます。そうした中で副業の時間を確保するのは至難の業ですが、就寝前の1時間程度ならばほとんどの方が容易に確保出来るのではないでしょうか。

ここでは夜中に1時間で出来るサラリーマンの副業について解説していきます。まず1時間という限られた時間を活かす方法として、作業時間と報酬がピッタリと比例するようなサラリーマンの副業は避けた方がよいでしょう。例えば記事に執筆などは稼げる分野ではありますが、1時間という時間ならば文章を作成する量にも限界があるので、よほど多く稼げても時間給に換算すると千円に届くか届かないというところでしょう。

ならば時間給に縛られず、かけた時間の何倍ものリターンが期待出来るサラリーマンの副業が望ましいですが、そうなればやはりアフィリエイトが主流になってしまいます。株式投資やFXなども短時間で高単価の報酬を得られる可能性がありますが、元手が必要な点、さらには資金を失うリスクがゼロではない点など様々な理由でサラリーマンの副業にはおすすめできません。そのため元手がいらず、お金を失うリスクもないアフィリエイトがやはり最も適したものになります。

アフィリエイトはインターネットの黎明期からある副業の代表的なものですが、必ずしも今は稼げないという訳ではありません。確かに黎明期に比べアフィリエイトに参入する企業や個人が爆発的に増えたので、楽をしても稼げるという種類のものではなくなりました。しかし、サラリーマンの方が持っている専門知識などを活用して独自の記事を作成すれば、十分作業時間に見合う報酬を得ることは出来ますので、ぜひ挑戦してください。


サラリーマンの副業、やるならこっそりやりましょう

私の友人に会社の上司に物凄く怒られた人間がいます。原因は副業がバレたからです。
サラリーマンって基本的に副業を禁じられているケースが多いですよね。私もそうですし、あなたもそうではないかと思います。隣の家に住む人もそうでしょうし、向かい側の家に住む人でもそうだと思います。もちろん道行く人もそうですし、かつて同じ小学校だった同級生もそのような状態だと思います。つまり私が言いたいのは、誰でも彼でも難しい立場にいるということなんです。それくらいサラリーマンの副業は大変だということなんですね。でも給料が上がらない、収入が増えないでは、どうしたってそのようなことに手を出してしまいますよね。

当たり前のことだと思います。収入が増えないのなら、他の方法で補填するしかありませんからね。でもサラリーマンの副業を禁止している会社としては、そのような行動は看過できないわけであります。私の友人もこのような状況下において会社の上司にバレてつぃまったために、物凄く怒られたわけですね、40歳を過ぎたいい男が、上司にみんなの前で叱責されるのです。悲しいやら屈辱的やらで、たかがサラリーマンの副業がバレたくらいで随分と酷い仕打ちをするものだなぁとしみじみと思ったものです。しかし会社の規則でサラリーマンの副業が禁止されていたのなら、それはまぁ仕方がないのかもしれないですけどね。本来であれば「会社がもっと給料をくれればそんなことはしないで済んだのだ!」と声高らかに宣言もしたかったのでしょうが、そこは悲しい会社員です。上司の叱責に対して申し訳ありません、申し訳ありませんと謝るしかなかったのでしょう。

ちなみに、友人はこのことが発覚後も関係なく働いていますけどね。会社なんて所詮はその程度ですし、友人もそのあたりのことを読んでやっていたのでしょうね。今回ばかりは友人の度胸に感服すると同時に、私では絶対に真似はできないだろうなぁと感心したのであります。


勤務日数が重視される事が多いサラリーマンの副業

サラリーマンの副業としてよく活用されているものの1つは、アルバイトです。ほぼ王道とも言える副業ですね。そしてサラリーマンの場合は、曜日に関する制約があるケースがほとんどです。少なくとも平日などは、サラリーマンは副業をするのは難しいでしょう。月曜日から金曜日までは本業で働く必要があるので、平日などに働くのは困難になりますが、休日ならば特に問題は無いのです。

このためサラリーマンの副業を探す時には、しばしば土曜や休日という条件が付きます。電車の中でアルバイト雑誌を読んでいるサラリーマンもたまに見かけますが、その際には前述のような土日という点に着目している事が多いですね。またサラリーマンの場合は、勤務日数なども大きなポイントになります。そもそも1週間に5日程度働いているとなると、さすがにフルタイムで働くのは難しい事が多いです。副業先では、中に1日や2日程度になるケースがほとんどですね。ですので週に1日でも問題無い等とアピールされているアルバイトの求人に興味を持っている方は、とても多いです。

このようにサラリーマンの副業に対しては、とにかく勤務日数が重視される訳ですね。その方々の副業の大きな特徴の1つと言えるでしょう。主婦の方々などの場合は、必ずしもそうとは言えない一面があります。というのも主婦の場合は、案外と多くの日数を確保できる事も多いからです。主婦によっては、1週間に4日程度は働ける事もあります。ですがサラリーマンの場合は上記のような状況なので、やはり勤務日数が特徴になっている訳です。

なおサラリーマンの方の副業となると、飲食店や登録制のアルバイトなどが多いですね。前者のお店の場合は1週間に1日程度でも問題無い事が多いですね。もちろん日数が多い方が歓迎されるのですが、飲食店としては1日程度でも良いと決めている事も多いです。後者の登録制などは完全に自由な日程で働く事ができます。最近では、こちらの副業に興味をお持ちのサラリーマンも増えてきている状況です。


1 2 3 4 5